南阿佐ヶ谷・阿佐ヶ谷のバレエ教室「SOARバレエ(ソア)」

5月になり、新緑が美しく爽やかな季節になりましたね。

先週水曜日のはじめてバレエのレッスンも体験の方が来て下さって、皆さんで楽しくレッスンを行いました。

今日は「イメージを持って動く」ということについて、考えてみたいと思います。

イメージ…と言っても、色々あります。
例えば、何かの動きを行う時に、具体的に身体のここの部位を遠くに伸ばすとか回し続ける…等は解剖学的なイメージになりますし、風船が空に向かって登っていくような…とか、お水がさらさらと流れるような…とか、比喩的なイメージもありますよね。

イメージをするためには、まずは心をまっさらにして、感じる事が大切ですね(^^)

また、「こうなりたい」等、良いイメージをしながら動くと、脳が刺激をキャッチして、身体の細部まで指令が働き、より良い伸びやかな身体の動きが出来ます。

逆に、何も考えないで動いたり、「こうしてはいけない」等、マイナスなイメージを持って動くと、私達の身体は益々縮こまり、動きが小さくなってしまうのです。

レッスンでは「コッペリア」の第1幕、スワニルダのヴァリエーションの曲に乗せて、ワルツステップを行いました。
正しいポジションや身体の使い方を意識しながら、さらに、
誰かに語りかけるイメージを持ちながら踊りました(^^)
皆さん、最初は照れていましたが、少しずつ慣れて、上手に伸びやかに動けていました!

様々なイメージを使って、楽しくより良い動きが出来るようになりたいですね!!

SOAR バレエ  伊東