南阿佐ヶ谷・阿佐ヶ谷のバレエ教室「SOARバレエ(ソア)」

2月最後の「はじめてバレエ」のクラスは、体験レッスンの方も来て下さって、さらに賑やかに、皆さん元気にレッスンを行いました。

今日は「全身のつながり」についてお話したいと思います。
バーレッスンの最初に行うプリエ。バレエの基本ポジションを作り、ドゥミプリエやグランプリエを丁寧に行います。

骨盤の中の筋肉を少しずつ動かすことでターンアウトをする筋肉が働きます。同時に、内ももや裏ももの筋肉も柔らかく動かしながら、バレエを踊る身体を作っていきます。

しかし、まだ十分に股関節が柔らかくターンアウトができていない状態で、爪先や足首から開いて基本ポジションを作ろうとすると、膝や足の付け根、腰などに負担がかかってしまいます。また、そのポジションを保とうと上半身が固まってしまうので、胸が過度に反ったり、力んだ状態で姿勢を保とうと頑張ってしまうのです。
このような身体では、伸びやかに踊ることが出来ないので、まずは、少しずつターンアウトをして、今、出来ているターンアウトの状態に合わせてポジションを作り、足先から頭までが伸びやかに繋がりのある身体をイメージしながらバーレッスンを行っています。

センターレッスンでは、タンジュやワルツステップ、小さいジャンプなどを行いました。
バーレッスンで作った身体で、皆さん、全身が伸びやかで繋がりのある動きが出来ました(*^^*)

バレエは最初は足の動きに意識が向きがちですが、足だけではなく、頭の先や手先まで…身体全身のつながりと伸びのある踊りを踊れる身体作りを目指していきたいですね!

SOAR バレエ 伊東